2008年11月2日日曜日

秋!


秋の風物詩!吊るし柿でございます~!
我が家には柿の木が9本もあり、渋柿は干し柿と柿渋作りに使いました。


もう夕方五時過ぎには真っ暗。あすかさん、もくもくと作業。
田舎は薪で湯を沸かせるのが何ともありがたい!


我が集落のシンボル烏帽子岳の登山道整備に参加してきました。
75歳の現役林業家の体力には頭が下がりました…


山の中腹にクリタケを発見。お味噌汁に入れていただきました。
先日近所の方から松茸も頂いたけど、やっぱり天然物は美味しいねぇ!


前回稲刈りした分を脱穀。
近所の農家さんから頂いた足踏み脱穀機(通称ガーコン)でございます!


自分が足踏みして、あすかさんが脱穀作業。
ガーコン、ガーコンいい音がして楽器みたいで楽しい~!
ダンスのように作業してました。何事もリズムが肝心です!!


こちらは赤目自然農塾の様子。
毎月全国から100名以上の人が川口さんのもとに集まります。
川口由一さん著の"妙なる畑に立ちて"という本を是非みんなに読んで貰いたいな~
経済至上主義が行き詰まりをみせている今、
自分達は大きなターニングポイントを通過する世代なのではないかと、
結構まじめに考えている自分でございました!

2 件のコメント:

あおきようこ さんのコメント...

マスター、あすかさん、お久しぶりです!
久しぶりにあすかさんの姿を拝見できて嬉しいです。
柿も立派で、稲も美しい!
美味しい空気を感じられて心が晴れやかになりました。
薪で湧かすお風呂・・・・きっと最高なんでしょうね。
私は今来月の展示に向けて制作中です。
テーマはmatasaburou。
澄んだ北風を思い浮かべて絵を描くと、
あめんぼブログの写真とともに、お二人が頭に浮かびます。
また遊びに来ます。
もう冬になりますね。
風邪にはお気をつけ下さい。

匿名 さんのコメント...

青木さん、お久しぶり!
お元気そうで何よりです。
今回のテーマは又三郎ですか~。
青木さんにぴったりですね~、楽しみ!
出来上がったら是非拝見したいです!!
落ち着いたら、こちらにも遊びに来てくださいね!楽しみにしておりま~す!!

「おお朋だちよ いっしょに正しい力をあわせ われらのすべての田園とわれらのすべての生活を一つの巨きな第四次元の芸術に創りあげようではないか…」
        宮沢賢治の「農民芸術概論」より