2009年2月22日日曜日

夢実現!!


"主食であるお米を自らの手で育て、食したい!"
この思いが田舎暮らしを始める一番の原動力でした。
収穫してから随分時間もかかりましたが、またひとつ夢を叶えることが出来ました!
一粒一粒噛締めるたびに、まるで思い出のカプセルの様に今までの出来事が脳裏に現れてくる。
小さな一粒ですが、そのなかには沢山の物語が詰まっていました。
耕さず、草も虫も敵としない自然農をしていると、自分達で育てたという表現は違うなと感じます。
いろいろな生命の営みが田んぼと言う舞台を豊かにし、稲のひとり舞台ではなく全ての生命が全うすることによって、皆が繋がり巡りが生まれ夏草の主役として稲も立派に全うできたんですよね。
お米を噛締めると小さな虫達も現れるんですよ!
お米を食べているというか、すべての生命をいただいているというか…。
そして、自分も皆と繋がっていく!!
♪あめんぼだぁって~、みんなみんな生きているんだ、友達なんだ~♪♪と素直に感じることが出来ました!!



             こちらは脱穀したままの種籾。

             唐箕という機械で藁やゴミを飛ばします。


    収穫を二度に分けたので、はやく刈りすぎたお米は緑色をしています。
    何事も経験!今年も楽しみだ~~!!

2 件のコメント:

黒づくめ夫婦 さんのコメント...

美味しそうですね〜
初年度にしては、とっても素晴らしいできなのでは??

自分の手で育てたものを自分でいただくって
大変ですけど贅沢ですよね。

私はたまにスーパーいさみやで、切り落とされた
大根の葉っぱを無料でわけていただいていたのですが
品川区のスーパーで「この大根、葉っぱがないですね。
切り落とした葉っぱ、分けていただけませんか? 
無料がダメなら売ってください」と言っても
「あれは捨てるモノです」との返事でくれないんです。捨てられちゃうんです。悲しい。

そちらは寒いかと存じますが、風邪など召さぬよう
お元気でお過ごしください。
タジーたちも元気で!

ひでき さんのコメント...

「大根の葉もほしい!」とスーパーに問い合わせる黒づくめさん、素晴らしいですね~!!
そういう一言が世の中を変えるきっかけになるんですよね。
私たち一人ひとりが、求めているものをちゃんと声に出すことによって、日本の農業までも変えられるかもしれないですね!
嬉しいコメントありがとうございました~!